ウォータースライダーのように楽しむのがメインなので、足が付かないような深いところはちょっとしかありません。それにライフジャケットやウェットスーツを装備するので、泳げない人でも関係なく楽しめます。